05
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪D,J,マジック≫レシピ公開。

今回は、今自分がメインで使っている、
≪D,J,マジック≫というデッキを紹介したいと思います。
・・・多分ネーミングはオリジナルだと思います。。。
≪D,J,マジック≫の名前の由来は
D=デブリ
J=ジャンク
マジック=ゼピュロス・マジック
という、なんとも無理やりなネーミングですw
簡単に言えば墓地利用をたくさんするので
墓地からモンスターをつってきたり
自らよみがえったりするカードがいっぱい入っているのでこの名前にしてみただけです^^;

そんなことはおいといて早速レシピの紹介をしましょう!

今回も写真をつけて大まかな構築を見せれるようにしたいと思います。
ちゃんとカードの名前も書いておきますがw

メイン:40枚
D,J,マジックmain

モンスターカード:23枚
・ダークアームドドラゴン×1
・カオスソーサラー×2
・キラートマト×1
・クリッター×1
・終末の騎士×1
・BF-精鋭のゼピュロス×1
・魂を削る死霊×1
・ジャンクシンクロン×1
・ドッペルウォリアー×1
・ライトロードハンターライコウ×3
・カードガンナー×2
・デブリドラゴン×2
・ローンファイアブロッサム×2
・ダンディライオン×1
・スポーア×1
・グローアップバルブ×1
・エフェクトヴェーラー×1

魔法カード:10枚
・ブラックホール×1
・ハリケーン×1
・死者蘇生×1
・光の援軍×1
・おろかな埋葬×1
・増援×1
・ワンフォーワン×1
・スケープゴート×1
・貪欲な壺×2

罠カード:7枚
・激流葬×1
・リビングデットの呼び声×1
・神の宣告×1
・トラップスタン×2
・リミットリバース×2

サイド:15枚
D,J,マジックside

モンスターカード:8枚
・エフェクトヴェーラー×1
・ライトロードマジシャンライラ×1
・D.D.クロウ×2
・サイファースカウター×2
・スノーマンイーター×2

魔法カード:3枚
・バラの刻印×1
・サイクロン×2

罠カード:4枚
・盗賊の七つ道具×1
・デモンズチェーン×1
・次元幽閉×2

エクストラ:15枚
D,J,マジックEX

シンクロモンスター:15枚
・フォーミュラシンクロン×2
・アームズエイド×1
・TG-ハイパーライブラリアン×2
・A・O・Jカタストル×1
・氷結界の龍ブリューナク×1
・Cドラゴン×1
・大地の騎士ガイアナイト×1
・エンシェントフェアリードラゴン×1
・ブラックローズドラゴン×1
・ギガンテックファイター×1
・スターダストドラゴン×1
・スクラップドラゴン×1
・氷結界の龍トリシューラ×1

が、デッキレシピです。
メイン40枚、サイド15枚、エクストラ15枚の合計70枚構築です。

では、入っているカードの説明をしていきたいと思います。

メイン:「モンスター」

・ダークアームドドラゴン
ダムドは、このデッキでは闇がダムドを含めないでメインに9枚入っていて、
墓地を調整するカードがたくさん入っているので採用してみました。
出たときの爆発力と打点、レベルが7というところも採用している理由でもあります。

・カオスソーサラー
以前紹介した「ゼピュロスマジック」の時では1枚でした。
ですが、今回は「ジャンクシンクロン」と「ドッペルウォリアー」が入っていて
闇の数が増えたので枚数を増やしてみました。
「トラゴエディア」よりも、こっちのほうが使いやすいかなーと思っったので
「トラゴエディア」と変えてみました。

・キラートマト
このカードはかなり優秀だと思っています。
1、さまざまな闇のモンスターをリクルートできる。
2、植物族である。
3、このカードが闇である。
などの理由があります。
1、の理由では、「クリッター」をリクルートしたり、
「終末の騎士」をリクルートしたりできます。
他にも選択肢はありますが、この2体の場合が多いですんね。
特に「終末の騎士」をリクルートしたときは
「BF-精鋭のゼピュロス」を落としながらモンスターを残してくれるので
とても大きなアドになっているのではないかと考えています。

・終末の騎士
主に先ほど紹介した「キラートマト」からのリクルートで使います。
闇属性であることと「増援」の対象を増やすために入っています。

・BF-精鋭のゼピュロス
このカードが使いたくてデッキを組んだといってもいいくらいのカードですw
「リミットリバース」や「リビングデットの呼び声」などを使いまわせると
とても大きなアドにつながってくると思うので
とても優秀なカードだと思います。
このカードは使い方が結構いろいろあるので難しいカードでもあると思います。

・魂を削る死霊
ハンデスや時間稼ぎ、「デブリドラゴン」でつってこれるなど
たくさん仕事をしてくれるカードだと思います。
ですが、
2枚だと腐りやすいのでピン積み安定かなと思っています。(このデッキでは)

・ジャンクシンクロン
このカードは、さまざまな使い方ができることと、
このカードを初動にしたコンボがたくさんあるので採用しています。
他のカードと組み合わせることでさまざまなシンクロモンスターを
複数展開できるので優秀なカードだと思います。
ピン積みなのは「増援」や「クリッター」で持ってこれるからです。

・ドッペルウォリアー
このカードもやばいですね。
墓地からモンスターが蘇生されたら出てくるという意味不明な効果もあり、
さらにトークンも残していけるというとても優秀なカードだと思います。
蘇生できるカード(自ら蘇生も含めて)としては、
1、ジャンクシンクロン
2、デブリドラゴン
3、スポーア
4、グローアップバルブ
5、BF-精鋭のゼピュロス
6、使者蘇生
7、リビングデットの呼び声
8、リミットリバース
など、コレだけのカードが入っています。
これらのカードを使いつつ、フィールドアドバンテージを稼げるので
このカードは強いと思います。
「デブリドラゴン」単体でも、
今はレベル7を出してもあんまり意味が無い(ブラックローズドラゴンが1番多い)ときなどに
「ドッペルウォリアー」があればレベル9(氷結界の龍トリシューラ)に変えることもできます。
他にもいろいろな使い方がありますが
代表的なコンボとしては「ジャンクドッペルコンボ」というものもありますね。
とにかくいろいろなことができるのでとても優秀だと思います。
さらに闇で戦士族なのと攻撃力も低いので
「クリッター」や「増援」使い終わったあとでも
「ダークアームドドラゴン」や「カオスソーサラー」のコストなどにもできるので
悪いこと無しのカードかなと思います。
でも、
入れすぎてもあれなのと、サーチできるのでピン積みです。

・ライトロードハンターライコウ
序盤の墓地肥やしとしては最適なカードではないのでしょうか。
また、このデッキは「次元系」に弱いのですが、
このカードは「次元の裂け目」など墓地の除外に関係してくるカードを割ってくれるので、
そういった面でもとても優秀だと思います。
このカードはできるだけ初手にあって欲しいので、
サーチカードがありますが3枚積んでいます。
また、
光属性なので「カオスソーサラー」のコストにできますね。

・カードガンナー
これも序盤の墓地肥やしとして使うことが多いです。
また、「
デブリドラゴン」でつってきたときは墓地も肥やせるし
シンクロにも使えるという優秀なカードです。
また、攻撃力が最大1900になるので、
「ライオウ」などのとても苦手としているモンスターを倒せます。
此方も最初の方で引いておきたいカードなので2枚入れています。
まぁ準制限なんで・・・(本当は3枚入れてもいいかもしれない・・・)

・デブリドラゴン
このカードは説明するまでもないかなとおもいます。
いままで他のカードのところでたくさん説明してきたので
説明は省かせていただきたいと思います。
しいてこのカードの説明としては、
たまにですけど、守備力2000というのが役に立ちますねw

・ローンファイアブロッサム
このカードと蘇生計カードが1枚あるだけで
「氷結界の龍トリシューラ」をだしたり「3枚ドロー黒バラ(自分で勝手に名前つけましたw)」など
いろいろなことができるカードです。
蘇生系カードが無くてもいろいろな仕事をしてくれるので2枚入れています。
このカード単体が植物であることも使いやすいですよね。

・ダンディライオン
流石制限カード!っていうくらい強いカードかなと思いますw
「わんフォーダンディ」や「デブリダンディ」などいろいろな動きができるカードだと思います。
また、「おろかな埋葬」で落としても仕事をしてくれるし
「ライトロードハンターライコウ」や「カードガンナー」などで落ちても効果が使えるので
悪いところがほとんどないカードかなと思います。
制限なのでピン積みです。
前は2枚積んでいましたねw
なので、
いまは除外されてしまうと若干つらいところもあります・・・。

・スポーア
事故再生能力を持っているチューナーは本当に悪いことしかしないですね。
植物が多めに入っているのですぐに効果を使うこともできますし、
自分のすきなようにレベル調整できるので
とても使いやすいカードかなと思います。

・グローアップバルブ
此方も事故再生能力を持った優秀なカードですね。
さらに「デッキトップを削る」という墓地肥やしもしてくれるカードです、
レベルが1なのでトークンとシンクロして
「フォーミュラーシンクロン」にすることもできますし、
いろいろなシンクロに使うことができますね。
「ローンファイアブロッサム」からも持ってくることができるし
「おろかな埋葬」で落とすこともできるのでピン積みです。

・エフェクトヴェーラー
このカードは何度か泣かされた人もいると思います。
相手のメインフェイズにしか発動できないんですけど、
とても優秀なカードだと思います。
むしろ、相手ターンに邪魔できることが強いと思います。
また、
光属性なので「カオスソーサラー」のコストにもできますね。

「魔法」

・ブラックホール
全体除去として使うことが多いですね。
また、
リバースモンスター警戒としても十分使い道があるカードだと思います。
このデッキはモンスター単体では攻撃力が小さいので
このように多くの数を除去できるカードはあった方がいいと思いますね。

・ハリケーン
1キルをしたいときに使うことが多いカードですね。
また、
「ここで展開しておけばあとが楽になる」という場面などでも使うことがありますね。
結構大事なカードなので、タイミングを見極めて使いたいカードですねw

・死者蘇生
コレは大事なコンボカードにもなりパワーカードにもなるカードですね。
流石制限カード!引いた時の戦略の広がりが半端ないです。
自分だけじゃなくて相手の墓地からも持ってこれるという意味不明な強さですw

・光の援軍
このカードは基本的に「ライトロードハンターライコウ」をサーチするカードですね。
サーチもしつつ墓地も肥やしてくれるのでいいことばっかりのカードです。
また、
サイドから「ライトロードマジシャンライラ」を入れたときにもサーチできるので、
とても使い勝手がいいですね。

・おろかな埋葬
「おろかな埋葬」はアド損!
これは昔の考え方ですねw
いまではとても重要なカードとして使われていますね。
モンスターなら何でもおとせるので
もぅ、やりたい放題ですね。
このデッキでは落としておきたいモンスターがたくさんいるので当然のように入りますね。

・増援
このデッキでは主に
「ジャンクシンクロン」と「ドッペルウォリアー」をサーチするのに使います。
また、
このカードたちを持ってきてしまっても「終末の騎士」が入っているので
腐りにくくて、なおかつデッキ圧縮できるカードとして入っています。

・ワンフォーワン
レベル1モンスターを召喚できるというとても優秀なカードだとおもいます。
ハンドを1枚きりますが、
むしろ墓地にいてほしいカードもあるので
このカードはいいことばかりですね。
前も説明しましたが「ワンフォーダンディ」
これがきまるととても強いですね。
アドの塊となります。
また、
レベル1モンスターは3枚入っているので腐りにくいです。

・スケープゴート
コレは以前は「リミットリバース(3枚目)」でした。
では、なぜ今はこれかというと、
簡単に言えば
1、展開がしやすい
2、相手が次元だった場合でも動ける
3、防御用そしても最適
などですね。
展開したいときは相手ターンのエンドフェイズに使えば
自分のターンで4体残ったまま展開していくことができます。
使ったターンはすべての召喚方法が封じられるので
使いどころを考えたいカードですね。

・貪欲な壺
コレはハンドが補充できて
なおかつ使いまわせるカードを戻せるというカードですね。
主にエクストラデッキに入っているカードを戻すことが多いかなと思います。
また、「ローンファイアブロッサム」や「ダンディライオン」など
デッキにいてほしいことがあるカードを時と場合に応じて戻すことができるのでいいと思います。
3枚だと事故るので2枚にしていることと、
「ダークアームドドラゴン」と「カオスソーサラー」で墓地が減ってしまうので
3枚だと危険かなとおもいました。

「罠」

・激流葬
主に同系対策として採用しています。
展開してきたところに打てるので一気にアドを稼げます。
全体破壊としては
「聖なるバリアミラーフォース」もありますが
あっちだと攻撃してこないと破壊できないので
小型が展開されたときに一掃できるこちらを採用しています。

・リビングデットの呼び声
このデッキは墓地利用するので蘇生系のカードであるこのカードは採用されますね。
また、
永続トラップなので、「BF-精鋭のゼピュロス」で再利用できますね。
相手ターンに発動可能なので
「フォーミュラシンクロン」とコンボになりますね。
相手ターンシンクロで「氷結界の龍トリシューラ」などだしたら
かなーり有利な展開に持ち運べるのではないかなと思います。

・神の宣告
万能なカウンター罠の代表と言ってもいいカードですね。
どんなときにでも使えます。
だからといって適当に使うのではなく
ライフコストが大きいのでとても慎重に使わなくてはいけないカードもあります。
上手く使えばとても役に立ってくれる優秀なカードです。

・トラップスタン
今は罠環境なので
全体の罠を封じることができるこのカードは役に立つと思います。
「トラスタローズ」が決まればとても有利になること間違い無しですね。
上手くいけば2:6交換とかできるので
大きなアドを稼ぎたいときなどにも使えます。
また、
ハリケーンの代用として考えることができるので
ハリケーンが3枚入っていると考えることもできるカードです。(ちょっと言い過ぎかも)

・リミットリバース
此方は大体「リビングデットの呼び声」と同じような理由で入っています。
攻撃力1000以下しか蘇生できないんですけど
このデッキではほとんどが攻撃力1000以下なので
ほとんどのカードが蘇生できます。
なので3枚入れたいんですが、
スペースの関係上と次元相手だと腐りやすいので2枚です。

サイド:「モンスター」

・エフェクトヴェーラー
メインで1枚入っているのですが
相手がモンスター効果を良く使うようなデッキ(同系とか)つかってきた場合に入れます。
こいつを入れると光が増えることと
レベル1が増えるので結構入れることがあります。

・ライトロードマジシャンライラ
コレは次元系やバックが少ないデッキなどに入れます。
また、
打点も1700とそこそこ高いので
殴りあうときなどにも使うことができます。
光の援軍でサーチできることと
破壊系はたくさんあるので1枚しか積んでいません。

・D.D.クロウ
此方は2枚積んでいます。
ぶっちゃけてしまえばこれも同系対策です。
また、
こいつは使いやすく闇であるのでかなり重宝しています。
やっぱり、
ハンドから使えるカードは強いですね。

・サイファースカウター
コレは最近減ってきていると思われるんですが
いちおう「六部衆」対策です。
「パペットプラント」か悩みますけど、
「サイファースカウター」だと場を固めれるかなと思ってこっちにしています。
どっちのがいいか意見がほしいところです。

・スノーマンイーター
主にビート系対策です。
守備力が1900もある上にモンスター破壊ができるので
かなりアドが取れるかなと思います。
またレベル3なのでシンクロにも使いやすいので
コレを採用しています。

「魔法」

・サイクロン
コレはバックが少ない相手に対していれるカードですね。
バックが少ない相手に対して「トラップスタン」はあんまり意味が無いので
「サイクロン」と変えたりすることが多いですね。

・バラの刻印
このカードを入れている人はあんまりいないと思います。
ですが、
このカードは何かと使えます。
相手のモンスターを奪うだけでなく、
攻撃もできて、なおかつシンクロにも使用できるので爆アドカードではないかと考えています。
また、
植物はもともと多めに入っているので
このカードが腐ることはほとんど無いですね。
使い勝手がいいカードだと思います。

「罠」

・盗賊の七つ道具
やっぱりカウンター罠系は怖いですね。
さまざまな無効効果を持っているカードがたくさんあるので
それらを向こうにできるこのカードはいいのではないかと思います。
「トラップスタン」を使えばいいんですが、
逆に言えば「トラップスタン」を安全に打てるようにするカードとしては
いいのではないかなと思います。

・デモンズチェーン
コレは「BF-精鋭のゼピュロス」で使いまわすこともできるうえに
効果も強力な罠カードだと思います。
攻撃と効果をとめるという効果なんですけど
ぶっちゃけそのモンスターは何もできなくなると同じだと思います。
さらに、フリーチェーンなので
いろいろなタイミングで打つことができるのが強みだと思います。

・次元幽閉
ビートデッキに良く刺さるカードだと思って入れています。
「スターダストドラゴン」の対策でもあるので入れていてソンはないかなと思います。
また、
直接除外できるのも強いですね。

「エクストラ」

・フォーミュラシンクロン
このカードはこのデッキでは必須と言ってもいいカードですね。
いままで何回も出てきている
「ワンフォーダンディ」や
1度説明した「ジャンクドッペルコンボ」などで使うカードです。
また、
レベルが2なんですが、トークンのレベルがだいたい1でさらに
レベル1のチューナーがたくさん入っているので簡単に出ます。
さらに相手ターンにシンクロできるという効果も持っているので、
相手ターンにシンクロしたりして相手を邪魔することができます。
このカードは3枚あってもいいんですけど
エクストラの枚数の問題で2枚でがんばっています。
2枚使い切ってから出したい場合は
「貪欲な壺」で使いまわします。

・アームズエイド
レベル4のシンクロモンスターがこいつしかいないので入れています。
チューナーがたくさん入っているのでドーしてもシンクロでつなげていきたいときに
レベル4を出さなければいけない状況が出てきます。
なのでコレを入れておかないと回らないことが多々あります。
ですが2枚は多いと思ったのでピン積みです。

・TGハイパーライブラリアン
このカードは最近まで1枚だったのですが
2枚に変更いたしました。
やっぱり、「ジャンクシンクロン」が入っているので
レベル5のシンクロは出しやすいことと、
このカードが闇属性なので「ダークアームドドラゴン」や「カオスソーサラー」
のコストにできるので
2枚あったほうがいいかなぁと思いました。

・A・O・Jカタストル
どーしても突破したい大型のモンスターが出てきたときとかに使います。
除去をする方法はたくさんありますけど
このカードを出しておいてほとんどソンはないと思うので
選択肢の中にほしいというこで採用しています。

・氷結界の龍ブリューナク
何でも戻せるということとハンドを切れるという効果は協力ですね。
墓地調整もしつつフィールドもいじることができるので
もはやいいとこばっかりですね。
また、
レベルが6なのでシンクロにつなげやすいことも
いいことのひとつですね。
出しやすいですしね。

・Cドラゴン
「デブリドラゴン」から作れるレベル6モンスターが今の段階ではコレしかいません。
まぁ打点もそこそこ高いんですけど
相手の墓地を肥やしてしまう恐れもあるので
あんまり使いたくはないカードかなぁと思っています。
なので、
シンクロにつなげていくことが多いカードです。

・大地の騎士ガイアナイト
コレを入れている人は少ないかなと思います。
一昔前までは「ゴヨウガーディアン」がいたのですけど
代わりといえないんですけど打点がほしかったので
このカードを採用してみました。
案外2600打点というのはおおきかったりして
出したときには結構活躍してくれたりもします。
なので、
入れておいてソンは無いかなと思っています。

・エンシェントフェアリードラゴン
「デブリドラゴン」からつってくる守備力3000の馬鹿でかい壁です。
フィールド魔法を破壊することもできる(おまけとして思っている)し
まぁ、
攻撃無しで展開したいときとかたまに出したりもします。
切羽詰まったときに守備力3000は結構助かるので
入れておいてソンはないと思います。

・ブラックローズドラゴン
コレは全体除去できる優秀なカードですね。
前にも説明しましたが、
「トラスタローズ」が決まればパーミッションやメタビ系は
かなーりダメージを受けますよね。
「デブリドラゴン」1枚から作れますし。
「デブリダンディ」からの「トラスラローズ」が決まれば
とても大きなアドが稼げますね。

・ギガンテックファイター
高い攻撃力をもったモンスターとして使っています。
同士討ちしたときに蘇生して
もう一回殴れるというなぞの蘇生能力も魅力ですよねw
また、
戦士の数だけ攻撃力がアップするので
場合によっては3500とかになったりします。

・スターダストドラゴン
破壊効果を向こうにしてくれる効果は今でも強いですね。
最近では「ブラックホール」が戻ってきましたので
破壊効果を無効にするカードは重要になってくると思いますね。
また、
ドラゴン族なので「デブリドラゴン」から作ることができるところも強いですね。

・スクラップドラゴン
強力な破壊効果を持っているシンクロモンスターですね。
このデッキではいらなくなった永続罠がのこることが多々あるので
結構効果が使いやすかったりします。
また、
こちらもドラゴン族なので「デブリドラゴン」から作れますね。

・氷結界の龍トリシューラ
こいつはキーカードですかね。
もともとは「トリシューラビート」という名目で作っていたのでw
このカードを出す方法がたくさんあるので、
コレがないと結構苦戦したりします。
また、
こいつを使いまわすこともしばしばありますね。
「貪欲な壺」での使いまわしはとても強いですね。
「デブリドラゴン」から簡単に作れてしまうので
結構さくさくでます。


こんな感じです。
いかがでしょうか、
今回は結構がんばって書いてみました。
ところどころなにいってるか良くわからない文面のところもあるかもしれないんですけど
そこは多めにみてください。。。
何ゆえ初めてですので(キリッ

これからも
たびたびこのように書くことがあると思います。
その時々でよろしくお願いします。


今回のデッキ紹介はコレで終わります。
最後まで読んでいたがき誠にありがとうございます。
コメントとか募集してます♪←調子に乗るな!
参考になればいいかなと思っていますし
アドバイスなども募集しています。
それでは今日はこの辺でノシ
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード