06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴァル始めました。

どうも、最近デッキを迷走している主です。

環境に聖刻が入ってきたのでいろいろくるっています。

最近までインゼクターを使っていたのですが、グルフの登場により構築が難しくなってしまいいまは断念しています。

そのうちいいのが思いついたら使って行きたいなと思っています。

まぁでもインゼクターも聖刻の速さについていけないといけないので結構難しいと思います。

サイド以降はとれると思いますが、メインでもとって行きたいのでメインでとっていける構築を考えて行きたいですね。

なかなかデッキ作成というものは難しいですね。

特に環境の変わり目は。



そんなこんなで最近はラヴァルを使っていこうかなと思い始めています。

速度も十分にあると思うし、やっぱり相手のバックを割りながら攻めることができるのは強いと思いました。

また、速度が速い相手にバトルフェーダーという回答を持っているのも魅力的だなと思いました。

1キルを止めるだけでなく、ラヴァルで使うバトルフェーダーはシンクロの展開にも使うことができるので相性が良
い上に無駄がなくて好きです。

なのでラヴァルで使う3枚積むバトルフェーダーは好きですね。

増殖するGとカードカーDなんですが、僕は増殖するGを使ってみたいなと思いました。

現在はどっちも持っていないんですけどそこは目をつむるとして・・・。

カードカーDだと先行の動きや最初のターンの動きが強力になるのが良い点だと思います。

後半引いても使えないことはないと思うのですが、できるだけ最初のターンに使用したいイメージが大きいので3枚積むことが前提になってくるのではないかと思いました。

3枚積んでないと引けないですもんね。

ですが3枚積むのは気が引けるので僕は積んでも2枚ですね。

若干矛盾してると思いますが気にしないでください。

では、なんで増殖するGを選んだのかを説明していきたいと思います。

増殖するGの場合は相手が行動してくれないとカードをドローすることはできません。

ですが、逆に考えてみると。

相手を抑制することができるGのほうが仕事が多いのではないかと考えました。

そもそも環境的に特殊召喚するデッキばっかりのような気がします。

なので増殖するGを打てるタイミングは多いのではないかと考えます。

うったあとで相手が展開して1キルを狙ってきたとしてもこちらには3枚積んであるバトルフェーダーが存在するの
でほとんどの確立で引けています。

相手の1キルを止めたあとでシンクロぶっぱしてもぜんぜんおkですし殺傷能力は高めだと感じました。

そもそも増殖するGならば1ターン返ってくることが多くなるのではないかなと考えます。

返ってくるターン数が多ければ多いほどこちらには有利な状況が作りやすいと考えています。

黄金櫃を使ったり強欲で謙虚な壺を使ったりしているターンがあってどうしてもターンが返ってきてほしい状況が

あったのでターンが返ってくることが多くなるのはいいかなと感じました。

1ターン返ってくるの大きい感じました。

かなり重要だと思いました。


メインに積むエフェクトヴェーラーの枚数も迷っています。

今は3枚積んでいます。

かなり思い切った枚数積んでいるのではないかと思います。

ぶっちゃけインゼクターを見すぎていると思うんですが、インゼクターに勝てるのは前提だと感じました。

あとはラヴァル自体あんまり伏せないデッキだと思うので防御手段となるエフェクトヴェーラーは数多く積んでお

いていいかなと思ったので思い切ってみました。

エフェクトヴェーラーがないハンドとあるハンドでは明らかにあるハンドのほうが安心できると感じたので3枚積ん
でみました。

そのうち枚数減ってくると思います。

いちおう聖刻にも効くみたいなので入れておいていいと思います。

レダメやガイアドラグーンになって避けられる場合もありますが、妨害札があるのと無いのとではかなり話が変わってくると考えました。

僕はあったほうがいいと思います。

レダメやガイアドラグーンになられても1キルにはならないケースが多いので止めれると考えると

しっかりとターンが返ってくる安心感が持てると思います。




やっぱりラヴァルデッキにおいてターンアドバンテージというものが大事になってくるのではないかと感じました。

強欲で謙虚な壺や封印の黄金櫃といった次のターンの動きにアクセスすることを優先したカードを多様しているため、
早いターンに決着をつけるというよりも準備してから決着をつけることが多いのではないかなと思います。

素引きした場合は例外なのでカウントしません。

そもそも炎熱伝導場が来ないとデッキが動かないので早めに炎熱伝導場にアクセスする必要があります。

炎熱伝導場が無いときのラヴァルの展開力の無さは目につくものがあります。

なので炎熱伝導場に早くアクセスする必要があります。

そもそも墓地が肥えていないと使えないカードばっかりです。

早めに墓地を肥やして行きたいので必然的に墓地を肥やすカードにアクセスする必要があります。

炎熱伝導場にアクセスできていないときに侍女をドローできたらうれしいですね。

墓地に行けば墓地が肥やせるので割りと早い段階から墓地を肥やすことができるので、
炎熱伝導場にアクセスできていないときも役に立つことがあります。

それでも炎熱伝導場にアクセスできたほうが早いし、強いので炎熱伝導場には早めにアクセスしていきたいですね。

炎熱伝導場を意識してはいますが、どーしてもタイムアドバンテージのことを考えると黄金櫃と強欲で謙虚な壺だけでは足りないことが多々ありました。

ラヴァル作って日は浅い僕からしても結構あるくらいなので相当だと思いますがw


なので墓地を肥やす手段をほかにもうひとつ作りました。

ラヴァルバルドラグーンです。

黄金櫃で幼女を除外してキャノンを特殊召喚してラヴァルバルドラグーンまでつなげることができれば一気に墓地
が肥やせるのでいいかなと思いました。

黄金櫃で直接炎熱伝導場を持ってきたほうがいいとは思いますが、

このパターンがあるだけでちょっと早く墓地を肥やせるし、先行の動きが少し強くなります。

先行で、キャノン、黄金櫃、真炎の爆発があるだけで
ライブラリアンスターダストの場を作ることが可能な上に、ハンドも4枚になるためアドバンテージを失っていません。

ハンドも入れ替わるし、墓地も肥やせた上にドローもできるのでかなりいい方法だとは思っているんですけど、
初手でエフェクトヴェーラーや増殖するGなどを惹かれていた場合にとても不利になる可能性があるのでちょっと怪しいかもしれません。

ですが、自分はこれを推しているので結構使うことがありますw

うまく言うならハイリスクハイリターンですね。

決まったときのアドバンテージが半端無いので気に入ってます。

この方法をしているってことで幼女が入っていますが、実際幼女の採用そのものが怪しかったりします。

素引きしてしまうと相当弱いのであまり入れたいカードとは思えませんね。

しかもヘルドッグも今は採用していないのでさらに幼女の採用は怪しいですね。


ヘルドッグなんですが、現在はサイドに採用してみようと考えています。

サイドグアイバというものが強いのでそれと同じ感じで入れてみたら実際強いのではないかと考えました。

グアイバと違って3枚ではなくて2枚くらい入れるだけでも効果があるのでサイドに入れるヘルドッグは結構いいの
ではないかなと思います。

ヘルドッグからブラックローズドラゴン、ラヴァルバルドラグーン、ラヴァルステロイドなどシンクロにつなげることができるのも大きいと思うので悪くない選択ではないでしょうか。

サイドグアイバと同じように使える上にこっちだとパワーが大きいのでいろんなモンスター処理できるのでいいかなと思いました。

グアイバだとセットされているダンセルを倒すことができないんですが、ヘルドッグならセットされているダンセルも殴り殺せるので結構いいのではないでしょうか。

奈落や警告を使わせることができるのも結構大きいと思います。

シンクロ召喚を通して一気にアドバンテージを稼いで攻めて行きたいので相手の防御カードは極力減らして生きた
いです。

激流葬も使ってくれると思うのでその後の展開がとても楽になるのじゃないかなと思っています。

ヘルドッグが通ってしまうとブラックローズドラゴンまで通される可能性があるためヘルドッグに何らかの除去、
もしくは効果無効系を使わないといけなくさせることができるのも強いですね。




まぁあんまりラヴァルでの実戦経験が無い状況でこの記事を書いていますのでほとんど参考にならない可能性が高いです。

ぶっちゃけてしまうと自分の今の段階の意見をまとめてるだけなのでコメントで指摘などをしてくれたほうがありがたいです。

人の意見を取り入れて行きたいものです。




今日家出ずっと一人まわしをしながら本日行われていたCSのキャスを見ていて思いました。

メインにヘルドッグを入れるのも悪くはないと思います。

理由とては、1枚からシンクロまで持っていけることと

コアキメイルドラゴが出てきたらやばいなと思ったからです。

コアキメイルドラゴは多分あんまり入ってないと思いますが、出されてしまうとバトルフェーダーが使えなくなってしまうのでかなり防御が薄くなってしまいます。

処理できるカードを増やして置きたいと考えた結果ヘルドッグにたどり着きました。

聖刻に入るみたいなんですけど自分にも刺さってしまう点もあるのであんまり採用されないかなと思いますが、可能性が0ではないため処理できる手段を考えておく必要があると感じました。



幼女ですが、現在は採用をかなり考えています。

ヘルドッグを入れるのであってもいいのですが、ハンドに来てしまうとどうしようもないなと感じました。

デッキに残っていて欲しいから2枚入れるっていうのもなんかおかしいと思いますし、そもそもこのカード自体ワンチャンスのために入っているので実際なくてもいいと考えています。

難しいですが個人的には推しているので入れていけたらいいなと思いました。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード