06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お湯を入れて3分間

どうもお久しぶりです。

最近は聖刻をメインデッキとして使用している主です。

聖刻の構築を迷走していたり、

回し方を考えたり、

サイドプランを考えたりとなかなか充実した日々を送っております(笑)

そんななか、最近いいカードだなと感じて入れたカードがあります。

簡易融合です。

理由がたくさんあるので簡易融合についての記事を書いていこうと思います。

既出の可能性もありますので、

参考程度でご覧ください。




簡易融合を入れる際に採用している融合モンスター

暗黒火炎龍
おジャマ・ナイト

この2枚です。

片方だけ採用している構築も存在するみたいですが、

僕は理由があってどちらも採用しています。

理由が無い場合はどちらか片方を入れることをお勧めします。

意味無く2種類入れてもエクストラの枠を圧迫してしまうだけですので。




まず1番の採用理由としてローチの処理があげられます。

別にローチを処理するだけならば魔法や罠などで処理することができます。

ですがかなり確率が低い上にかなり細い勝ち筋を目指していくことになってしまうので、

ターンがどんどん過ぎてゆき、相手のバックが固められてせっかく引いたローチ除去が無効にされてしまうケースが存在します。

このケースに陥る状況下というのは、

相手の攻めてが確保されている上に相手の防御札も確保されてしまっている可能性が高いです。

なので突破する前にライフが削りきられてしまうケースが多々あります。

ローチ+アタッカーで3回程度殴られたら死んでしまいます。

簡単にライフを失いますね。

なので、ローチを処理する回答を増やそうと思って採用しました。

処理する方法は簡単です。

ランク5エクシーズを出すことです。

プレアデスティラスを採用していて、どちらもかなり優秀なエクシーズモンスターです。

かなり評価しています。


まずはプレアデスです。

理由など無くても採用している人は多いのではないでしょうか?

聖刻においてはテンプレとなるカードだと考えています。

プレアデスパターンとされるプレアデスをしようする1killパターンが存在するので採用しない理由は無いと思いますし、

何よりもかなり強力カードです。

ビートプランに切り替えたときにかなり役に立ってくれるカードです。

このカードの存在はビートプランをかなり強力にしてくれます。

また、相手ターンにも発動することができるバウンス効果

このバウンス効果のおかげで相手の行動を妨害することができますね。

少しローチ処理から話がずれてしまいましたが、このカードも立派なローチ処理をしてくれる1枚です。

簡易融合と絡めてランク5エクシーズでこのカードを出すだけでかんたんに処理できます。

ですが、バックが無い前提になる場面が多いです。

バックがあるとかなり止められやすいので、そこは注意しましょう。


次はティラスです。

個人的に簡易融合を採用しているのであれば採用しない理由が無いといって過言ではないほどのかなり強力な1枚です。

このカードは奈落の落とし穴激流葬を回避しつつローチも処理できる。

かなりの仕事を1枚でやってのけてくれます。

激流葬は2体並んだところにうたれたら意味が無いのですけれど、ティラスが入っていない可能性もあるので打たない相手もいます。

2体並んだところにうたれなかった場合はアドバンテージを稼げますね。

ローチを処理しつつ激流葬も破壊する。

非常に強力です。

奈落の落とし穴は簡単です。

アセトを通常召喚して簡易融合おジャマ・ナイト(攻撃力0)を出すだけでケアできます。

おジャマ・ナイトじゃ無くてはならない理由がこれですね。

相手の奈落の落とし穴を割りにいけます。

聖刻は奈落の落とし穴がきつい場面もあるので、奈落の落とし穴を割りにいけるのはかなり重要なことではないかなと思います。

例として奈落の落とし穴を上げていますが、あくまでもケアの話です。

奈落の落とし穴が存在しなくても、相手のバックを削りにいけるところはかなり優秀だと思います。

相手のバックを減らすことで攻めの展開が有利になりますからね。


ここまでがローチ処理をするために採用した理由です。




もう1つの大きな理由が初動の確保です。

間単に説明するのであればレダメスタートです。

今の環境ではいかに早く動けるかが大事だと思います。

トフェニ+アセトで初動は6枚あります

召集の聖刻印を含めると9枚存在します。

それだけの量の初動を持ち合わせているのに初動の数を増やす意味はあるのか?

僕はあると考えています。

簡易融合が入っているとトフェニアセト激流葬などの除去を踏んでしまった場合でもさらに動くことができます。

激流葬を踏んでしまっても動けるということはかなり大事なことだと考えています。

1枚のカードに止められて相手にターンを返してしまい、相手のバックを固められたらさらに攻めにくくなります。

その状況はできるだけ避けたいです。

罠の上から殺しにいける

簡易融合が入っている構築と入っていない構築で大きく異なる点だと考えています。




暗黒火炎龍なんですが、

このカードが入っていることによりオピオンをケアすることができます。

初動にも使えるドラゴン属モンスターであることは前提で、

このカードはレベル4なのでオピオンが場に出ている状況でも特殊召喚することが出来ます。

特殊召喚出来ることの何が強いかと言うとリリースしてネフテを出せることです。

ネフテにはモンスターを処理する効果がありますので、

オピオンを処理しつつそのままキルに向かうことができます。

オピオンを処理出来るのはかなり大きいと思います。




簡易融合を採用した主な理由を2つあげてみました。

参考にならない可能性が高いようなレベルの低い記事になってしまったかもしれません><

本当に文章力が無いのであんまりうまく表現できませんね。

あんまり言いたいことが伝わらなくても、

この記事を読んで少しでも理解してもらえてたら幸いです。

それでは終わります。






スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード